トラベルとらら

もう一歩前へ 新しい自分に変わる Hello Word

*

全裸で外に放置合計4回も保護!それでも無くならない虐待死!!

   

今日も見事な暑さで、9月になっても勢いが衰えることは無いですね!増税まで後1ヵ月となりましたが。あまり実感が無いのが現実です。。大きな買い物をする予定はないものの、ジワジワと生活を圧迫してくることは間違いないでしょうね!日本国民にとって、どれほどの影響があるのか、個々に違うと思うけど、高収入の人ほど税金を多く支払っていただきたいですね!!




今の日本の犯罪の中で、ほぼ毎月見るようになったのが、あおり運転と幼児虐待だと思います!!どちらもニュースなどで取り上げて、悲しい事件だと報道しているにも関わらずまったく無くなる気配がありません。。どうしたら解決できるのか真剣に考えるべき時ですね!!

そして、今日も個人的に気になるニュースを発見いたしました!!
8月31日、鹿児島県出水市のアパートで、4歳の娘と暮らしていた20代の女性が、交際相手と3人で暮らしており、虐待の末に亡くなってしまう事件が起きました!死因は水死の疑いがあり、過去に4回ほど児童相談所に保護されていたようです!!

さらにこの女児が、今年の3月から4月上旬ごろに、全裸で自宅玄関前に立っていたらしく、住民に声を掛けられる騒動もあったようです!!問題の母親は、ネグレクトの疑いがあったようだけど、なぜ死ぬまで助けてあげることが出来ないんでしょうか??何のための児童相談所なんでしょうか??




明確な保護の理由がわからないけど、裸で追い出している親は、殺してしまう可能性があると思うし、4回も保護される家庭では完全に隔離する必要があると思います!!普通の家庭では、保護されることすら無いと思うし、手を上げて病院にいくことが無いと思います!明らかな判断基準があっても助けられないなら意味はあるんでしょうか??

まとめ

子育てのつらさは、同じ子供であっても、育てる人間の器によって大きく変わると思います!通常なら、両親が協力しあって育てるべきだと思うけど、ワンオペの家庭や一人親の家庭は2倍以上負担が掛かっているわけですね!その時点で、ネグレクトの危険性を考慮するべきだし、施設や国が助けて挙げられればいいんですけどね。。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ