トラベルとらら

もう一歩前へ 新しい自分に変わる Hello Word

*

障害者福祉施設であごの力が弱いのに大きいまま提供!『息子が苦しんだと思うと許せない』!!

   

お盆に向けて台風が襲い掛かってくるようだけど、梅雨の時期の大雨と台風による風と雨で土砂崩れや川の氾濫などに注意したいですね。。今の時期は、晴れていても命の危険があるし、雨が降っても危ないんですね。。これだけ文明が進んでいても、命の危険はまったく無くなりませんね!!どこに居ても死ぬときは死ぬと思うけど、幸せな終わりを迎えたいですね!!




普通の人にとっては、食べ物を食べることは至福のときだと思うし、毎日のことなので大切な時間だと思います!!ただ、世の中にはその食事する時間が、つねに危険と隣り合わせの人も居ることを理解しなければいけません!!

そして、今日も個人的に気になるニュースを発見いたしました!!
大阪府守口市にある障害者福祉施設でデイサービスを利用した中学1年の男の子が、施設側が用意した昼食を喉に詰まらせて意識不明になり、約3週間後に死亡していたことがわかったようです。問題の男の子はあごの力が弱く食べ物を細かく刻む必要があったようです!!

警察は業務上過失致死容疑も視野に捜査を進めているようだけど、そういったことをサポートしてくれる施設が障害者福祉施設なんじゃないでしょうか??しょうがないとか、見落としたとか言うレベルで済む問題じゃないと思うし、たった一度の人生を食事のミスで命を落とすなんて考えられませんね。。




少年の父親は『職員間で引き継がれていたのか疑問』『息子が苦しんだと思うと許せない』と話しているようです!障害を持っていようと、家族の大切さや喜びを感じているわけだし、とても残念な結果になってしまったと思います。。施設内や病院などの事故は、なかなか表に出てこないと思うし、専門的なことを言われたら、それ以上何も言えなくなってしまうと思います!!

まとめ

全国には虐待の事例や、劣悪な環境も存在しているわけだし、しっかりと監視や検査をする機関が必要だと思います!人が亡くなってから行動していたら、明らかに遅いしまた同じような事件が起きてしまうことでしょう!もう少し愛情のある人たちが集まって、ミスが起きない働きやすい環境が出来るといいですね!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ