トラベルとらら

もう一歩前へ 新しい自分に変わる Hello Word

*

米国で34歳仕送り減らされ父親殺害!過度な愛情表現が裏目に!!

   

僕の大好きな沖縄県は、ついに梅雨明けとなり観光シーズンに突入したようです!!関東では、梅雨特有のしっとりとした雨が一日中続いていて、不快な空気を発生させています!!早めに梅雨明けを望んでいるわけじゃないけど、晴れ間が無いと部屋の中までジメジメしてしまうので、適度に晴れ間が出てくれるといいですね!!




親からすれば、自分の子供はいつまでも子供であるのは理解できるけど、どこからか自立心が生まれて、双方に別の感覚が生まれてくるものだと思います!!愛情を持っていつまでも尊重しあうのが普通の感覚だと思います!!

そして、今日も個人的に気になるニュースを発見いたしました!!
米ニューヨーク市で1週間当たり1000ドルまでの仕送りを受けていた34歳の息子が、その父親に突然300ドルに引き下げられたようで、頭部を銃で撃つ事件が起きていたようです!!弁護士は無罪を主張したものの、陪審は認めず第2級殺人で有罪が言い渡されたようです!!

仕事だからしょうがないとは思うけど、息子側の弁護士が無罪を主張したところでそれが通るとは到底思えません。。問題の息子は、当時無職だったらしく有名大学を卒業していたり、経済学の学位を取得していたようです!!外部から見れば、ただの逆ギレや八つ当たりの犯行にしか見えませんね。。




また、父親も30代になるまで仕送りを送り続けていたことが大きな問題ですね!!当然働かなくなると思うし、息子が犯罪に走ってしまう性格から、父親にも責任があるのもわかります!!金額が減額されたたところで、0になったわけじゃないから全然マシだと思うし、殺してしまったらそのお金も入ってきません!!

まとめ

親子間の愛情を間違った捉え方をしてしまって、悲しい犯罪へと繋がってしまったんだと思います!!お金だけを渡す関係じゃなくて、しっかりと向き合って会話を続けていれば、こんなことにならなかったんじゃないでしょうか??刑が確定されれば終身刑になってしまう可能性もあることから、本当の人生を楽しむことなく刑務所で生涯を終えてしまうのかもしれません。。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ