トラベルとらら

もう一歩前へ 新しい自分に変わる Hello Word

*

救助依頼するも自力で登山し帰宅!命がけで捜索するも連絡は帰宅後!!

   

昨日の雨のおかげで週末に汚れてしまった車が、きれいになっていました!それでも洗車をしないと汚いままなので、近いうちにしなければいけないけど、めんどくさい洗車は車を持っている人の定めですね!!毎週のように車を洗っている人がいるけど、出かける回数よりも洗車の回数が多い気がします。。それはそれで、車自体がかわいそうに感じてしまいます。。




僕たち家族も、週末になると緑の多い山間部に出かける機会があるので、ひと事とは思えない事件なんだけど、最低限のマナーや危機管理を持って行動しているつもりです!悪質な登山者にはしっかりと制裁するべきだと思いました!!

そして、今日も個人的に気になるニュースを発見いたしました!!
20日午後、20代の男性が山梨県側の富士山を登っていた最中に『疲れて動けない』と富士吉田署に通報したらしく、救急隊が出動したようです!!しかし、この男性は東京都内の自宅に戻るまで下山したことを同署に連絡しなかったようです!!

常識的に考えられないような事件なんだけど、この男性にとっては、間違ったことをした感覚は無かったのでしょうか??富士山を甘く見ていたのか、単独登山の上に登山道具などを装備しないで挑んでいたらしく、午後0時40分に救助を求めたようです!!捜索活動は、午後9時半まで続けられたらしく、男性が連絡したのは午後10時ごろだったようです!!




救助隊員からしてみれば、救助する人がいなくなれば、滑落したか遭難したか悪いほうを想定して全力で探さなければいけないことだと思います!!救助隊という仕事上、悪質にも取れる行為が、本当に救助が必要な人の時に精細を欠いてしまうかもしれません。。また、救助が遅れて本当にやばいときに、命を落としてしまいかねません。。

まとめ

法的にどこまで責任を取らせることが出来るのかわからないけど、実際にかかった捜索費用は全額支払わせていただきたいです!!また、同じようなことが起きないように、しっかりとした謝罪も必要だと思います!!富士山の登山自体危険が付きまとう物なので、常識が無い人や装備が出来ていない人は、入山時に立ち入り禁止にすべきですね!!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ