トラベルとらら

もう一歩前へ 新しい自分に変わる Hello Word

*

海外サイト少年時代『親友について』の作文!切なすぎと大反響を呼ぶ!!

   

今日はいい天気だったので、最高のお出かけ日和のはずだったんだけど、週末になると体調を崩してくれるのが我が家のようです。。小さい子は体調が悪くなると、心配するぐらいおとなしくなるか、小さなことでグズリ出すかどちらかだと思います!!今回はグズリがひどかったので、マシなほうだけど、親としてはいつも以上に体力を持っていかれますね!!




小学生のころは、とにかく作文を書くことだったことが大嫌いだったことをよく覚えています!!そんな作文の題材の中に、さらに作文を嫌いになる要素が混ぜられていたとしたら、生涯に渡って作文を拒絶してしまう身体になってしまうと思いました!!

そして、今日も個人的に気になるニュースを発見いたしました!!

海外サイトで、自身の体験談や伝聞エピソードを『悲しいストーリー』として紹介した人が、多くの人から同情されてしまう事態となったようです!!10歳の時に『親友について』作文を書かなければいけない場面になったときに、親友のことを書いていたら、その親友は別の人を作文に書いてしまったようです。。

この時点でも充分に悲しいエピソードということが伝わってきますね。。このエピソードを見た人は、親友を持ったことが無いという人が現れたり、親友とどこから認知し始めるのかもわからないなどと、親友についてそれぞれ意見が違うことがわかります!!




でも、大人になったから簡単に割り切ることが出来るけど、小さいときに同じ状況になったら、さすがに傷つくと思います!!簡単そうに見えるテーマであっても、よくよく考えてみると、とても難しくて互いを傷つけてしまうテーマはありませんね!!僕自身、親友と感じていた人は、大人になったら簡単に普通の人になってしまいました!!

まとめ

友達関係は、大人になっても必要なことだと思うけど、害のある友達は直ちに排除するべきでしょうね!!いい意味で刺激になる友達は、お互いを成長してくれるけど、捉え方によって友達は手間の掛かる存在になってしまいます。。お互いの気持ちが平等な訳が無いし、疲れない関係が一番いい友達でしょうね!!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ