トラベルとらら

もう一歩前へ 新しい自分に変わる Hello Word

*

小川町の隠れた名所『下里の滝』!川を渡るアドベンチャー感も味わえる!

      2019/03/05

小川町にはいくつか名所が存在していて、その中でも『下里の滝』はひっそりとした場所にあり、隠れた名所といえるでしょう!名前に滝と付いていますが、その滝がどこにあるのか探してしまうほど、今となっては水量が少なくなっています!ただ、松尾芭蕉の俳句があったり、天皇陛下が訪れる場所なので癒しの空間を味わうことが出来ます!!

下里の滝とは?
埼玉県小川町を流れる槻川の枝沢に懸かる滝である。小川町農村センターの正面にある大きな鳥居があり、 天皇陛下も訪れた事のある場所として知られています。松尾芭蕉の句碑があり、歌と風景を楽しめる場所となっています。下里の滝は、別名「不動の滝」とも云われています。
写真撮影日2019年1月20日 PM0:00ごろ




目次
・天皇陛下も訪れる神聖な場所
・飛び石で川を渡るアドベンチャー
・松尾芭蕉の俳句と下里の滝
・大量のアリ地獄と川を見下ろす高台
・まとめ
天皇陛下も訪れる神聖な場所

平成26年に天皇陛下も訪れたことがある場所のようで、立派な石が建てられていました!石碑は各地に点在していますが、ここに訪れたのは最近なほうですね!!

畑を抜けて川沿いに向かってきましたが、ちゃんとした駐車場などは無く、邪魔にならない場所に止めていれば問題ないようです!

『下里の滝』の看板が建てられており、松尾芭蕉の由来についても書かれていました!綺麗に整備されているので、訪れやすい場所となっています!

鳥居が立てられており、川の奥に進んでいくと神社のようなお社が建てられています!おそらく、その鳥居だと思われます!

鳥居を抜けると緩いスロープも作られていました!川を渡らなければいけないので、誰のために作られたのかわかりません!




飛び石で川を渡るアドベンチャー

川を渡るための飛び石が敷かれていました!滑りづらくなっていますが、石が濡れていたら危ないかもしれませんので注意しましょう!!

屋根つきの休憩所らしき場所と、山の上に御社が見えます!!下里の滝は階段の脇に流れていて、川に流れてきています!

松尾芭蕉の俳句が書かれた石碑と看板です!石に俳句が刻まれているようですが、顔を近づけて見ないとまったく読むことが出来ません!




松尾芭蕉の俳句と下里の滝

看板にはわかりやすく俳句が書かれていますが、やはり読みづらいので看板を頼りましょう!1600年代の俳句だそうなのでとても貴重なものです!

俳句のある場所から階段のあるほうに進むと、下里の滝と呼ばれているものが見えてきます!俳句のある場所は、水路をまたぐ必要があるので落下に注意しましょう!!

下里の滝は想像以上に水量が少ないために、パイプを使って水を流しているようです!簡単に枯渇してしまうかもしれません。。




大量のアリ地獄と川を見下ろす高台

見晴台のような休憩場所は劣化が激しいので、若干恐怖心があります!手すりなども錆びているのでいつ壊れてしまうかわかりません!

見晴台の下には無数のアリ地獄がありました!!周囲にはアリの姿が無いので、多くのアリが犠牲になってしまったようです!!

急な階段を上っていくとお社が出てきます。比較的綺麗な建物に見えるので、お社は建て直されたのかもしれないようです!!

お社から先は進むことが出来ないので、下里の滝は先ほどのパイプの滝が目的地となります!お社の中は覗くことが出来ないので、詳細はわかりませんでした!!

まとめ

景色なども草木に囲まれてほとんど見えませんが、川の音が心地よくて落ち着ける場所になっていました!松尾芭蕉の俳句ははっきりと見えるわけではないけど、偉人が愛した場所や天皇が訪れる場所だけあって、神秘的な空気が漂っています!!雨が降った日などは、足元が濡れていて通るのも危ないかもしれないので事前に調べて向かいましょう!!

一緒に読んで欲しいおでかけブログ!
寒い時期の穴場スポット『遠山甌穴』から『竹本の湧水』嵐山町周辺を探索!!

『下里の滝』の場所は『埼玉県比企郡小川町下里』!!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 埼玉県の観光スポット