トラベルとらら

もう一歩前へ 新しい自分に変わる Hello Word

*

首都高コンクリート耐用年数超え問題!目に見える老朽化大地震前の課題!!

   

今日はいつも通り休日のお出かけに行きたかったんだけど、子どもが熱を出してしまいゆっくり家で過ごす事にしました!!寝溜めなんて出来ない事はわかっているけど、久しぶりに家族全員で一日中寝てしまいました!!たまにはいいと思うけど、明日からの仕事にストレスが持ちこたえられるか心配です!それに子どもの体調不良が長引かない事を祈るばかりです!!

首都高速

そして、今日も個人的に気になるニュースを発見いたしました!!僕個人としては、最近ではあまり利用しなくなったけど、毎日のように首都高を利用していたので、毎日死の危険に怯えながら車を運転していました!!東京都心の中枢を走る首都高速道路の1号羽田線で数年前から異常事態と言えるほどの老朽化が進んでおり、コンクリートの耐用年数を超えている事もわかっているようです!!




1号羽田線は前回東京五輪のさいに建設されたもので、建設から数十年も経過しています。もちろん事あるごとに耐震工事や補修工事を行なっているんだろうけど、見た目でわかるほどの亀裂が車が走っているその下の支柱にくっきりと入ってしまっています。。また建設当時は液状化などを全く考慮していなかったらしく、地盤沈下などの対策も問題視されているようです!!

首都高支柱

首都高速は、渋滞が無ければ画期的な交通手段の一つです!僕自身も頻繁に利用しているけど、毎日のように事故が起きていて、キレイに仕上がっている道路でも一瞬で破壊され汚れていきます!毎日の修繕だけでも大変なのに、柱から作りなおす計画を考えるには大胆な方法を取らないと解決できない気がします!




ただ、甚大な被害が出てからでは遅すぎるので、早い段階で手を打たないといけないでしょう!そもそも耐用年数が過ぎているにも関わらず、国は何の勧告も出さないのでしょうか??修繕をしていれば法律的に問題が無いとかで、目の前の大きな亀裂を無視しているんじゃないでしょうか??国の発展のために建築された首都高なんだから、さらなる発展のために完璧な修繕を成功させて欲しいものです!!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ