トラベルとらら

もう一歩前へ 新しい自分に変わる Hello Word

*

頻繁に発熱する原因?!尿路感染症の疑いその②~膀胱造影検査後&結果&薬との戦い~

      2018/07/25

検査も無事終わり、病院を出た後も寝ていた娘。
ここで「失敗した!」と思ったことがひとつ。
抱っこひもを持ってこなかったことです。
もう抱っこも重くなったし暑いし、邪魔になるし、
抱っこひもを持ち歩かないことも増えてきましたが、これが大失敗!!
まさかこんなに眠るとは…
寝ていることはいいんですが、さすがに重い重い…
片腕で抱っこしながら移動している間に、
さすがの娘もうっすら覚醒してきました。
そしてウトウト状態ならまだしも、いきなりグズグズマックス!!

検査1




なんとか薬をもらいに薬局到着。
薬局でも「歩くのー!!」と絶叫するのでとりあえず下ろしたらこれまた大変!!
薬の影響でふらつきが半端ありませんでした。
ふらつきが出るとは聞いていましたが、想像以上のふらつき。
まさに重度の酔っぱらいで、支えてもあちこちぶつかる始末。
それでも動きたい娘はあちこち動き回ろうとしてふらふら~ゴロンゴン!を繰り返していました。
さすがに心配になり、薬剤師さんに聞きましたが、「大丈夫だろう」と。
家に帰ってもふらつきは治まらず、結局寝るまで続きました。
薬の副作用強すぎるのでは?このまま歩けなくなったら?
と怖かったですが、翌朝には普通に戻っていたので、ひと安心でした。

検査2

とりあえず熱も出さず、いつも通り元気な娘ですが、
毎日薬を飲み続けることになりました。
その名も「バクタ」
あの大人でも苦くて飲みにくいという有名な薬です。
それを一日ならまだしも毎日飲み続けます。
一日一回とはいえ、果たして娘は飲めるのでしょうか…
いろいろ調べましたが、苦戦した話しか見つからず、
ダメもとで少し飲みやすくなるというココアに混ぜて飲ませてみました。
「にがっ!!」
娘の最初の言葉でした。
「やっぱりダメかぁ」と思いましたが、そこまでではなかったみたいで、なんとか飲んでくれました。
でも一度苦いと思った薬、毎日飲んでくれるか心配でしたが、
今のところ問題なく飲み続けられています。
毎日薬を飲まなければいけない娘に多少の不憫を感じながらも、
文句言わずに頑張っている娘にごめんねと感謝の言葉しか出てきません。
検査の結果が良く、薬も飲み終わるといいなぁと心から思います。

検査3




3週間薬を飲み続け、迎えた検査結果の日です。
結果はやっぱりおしっこは逆流していました。
そしてそれによる尿路感染症が熱の原因だろうと。
でも逆流している距離的には少しだけで、腎臓までいっていないから、レベル1で一番軽度との事でした。
おそらくもっと小さい頃はもっと逆流していただろうと。
今2歳前でこの状態なら、1年以内には自然に治るだろうとの事で、
不安の中にも安心と希望が見えました。
知り合いに同じ病気の子を持つ方がいて話は聞いていましたが、
おそらくこの病気とは長い付き合いになるだろうと覚悟していたので、治ると聞いて本当によかったです。

検査4

とは言え、まだ完全には安心できないので、
月に1回2~3ヶ月くらいは尿検査をして経過観察をしていくことになりました。
この尿検査がまたクセ者なんです。
まぁそれに関してはまた後日アップします。
赤ちゃん、特に女の子の採尿、ナメたらあきまへんでぇ(笑)
たかが採尿、されど採尿…
おっと話が少し反れましたが、もちろんその間もバクタ地獄は続きます。
経過観察中、熱を出さず特に問題がなければ、薬も終了になるそうです。
もう少し時間はかかりそうですが、娘ならきっと乗り越えてくれると信じています。
頑張れ娘!!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 漫画ブログ