トラベルとらら

もう一歩前へ 新しい自分に変わる Hello Word

*

家庭用ゲーム機で遊びながら飲める『ゲームバー』!著作権法違反で経営者逮捕!!

   

週末の疲れがやっと今になって抜けてきた感じがします。仕事をしながらだと、体を動かしているおかげでうまく眠気をごまかしていたけど、家についてしまうと恐ろしいほどの眠気が襲ってきます。。20時間ぐらい寝れれば疲れを取る事が出来そうな気がするけど、最近は、休日の朝は子どもがたたき起こしに来てくれるのでゆっくり寝る事はできません。。嬉しいから我慢です。。

ゲーム喫茶

そして、今日も個人的に気になるニュースを発見いたしました!!お一人様のお客でも充分楽しめる画期的なお店だと思っていたけど、フタを明けてみれば犯罪を犯していた事にがっかりしてしまう出来事です。。12日の夜、家庭用ゲーム機で遊ばせる『ゲームバー』を違法経営していたとして、京都市内の二つのお店を家宅捜索しゲーム機やソフトなど1000点以上を押収したようです!!




このお店は、以前から任天堂やカプコンやソニーなどから著作権について告訴されており、違法性を認識したまま経営を続けていたようです。。家宅捜索されてしまうのは時間の問題だった用に感じるけど、なぜ注意を受けてからも経営を続けてしまったんでしょうか??店を続ける事もできないし、高いゲーム機やソフトまで押収されてしまったら大打撃でしょうね。。

ゲーム機

利用者からしたら楽しい空間だっただろうし、懐かしいゲームでもり上がったり、やりこみ系のゲームをひたすら満喫する事ができて画期的に思えるんですけどね。。ただ、勝手に人の努力を横から持っていったらいけませんね。。ゲームバーを経営できる権利はゲームを作った人がやるべきなんでしょうね!!




しっかりとゲーム会社に交渉して権利を得る事が出来れば良かったんだろうけど、その権利の利用料もびっくりするぐらいの金額だったのかもしれません。。全国を探せば似たようにゲームをさせて居酒屋を経営させているお店はいっぱいあると思うので、経営者への見せしめだったんでしょうね!!まっとうにゲームバーが開けるようにゲーム会社も寄り添ってくれるといいですね!!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ